風景写真アラカルト

kuji7.exblog.jp
ブログトップ

阿蘇西原6月の花巡り

e0304485_1943020.jpg
6月3日久しぶりの青空

くっきりと金峰山も見えます

とにかく青い空をバックに撮影に出かけようと

西原方面に行きました

その時の写真です

e0304485_1903318.jpg
e0304485_1912112.jpg
e0304485_1921097.jpg

[PR]
# by kujimata | 2013-06-05 19:05 | Comments(0)

立田山の梅雨の朝

夜中に相当雨が降っていた

朝になると雨は止んでいた

日曜の朝は通勤も通学もなく車はすいすい

立田憩いの森に着くと静かで草も木の葉も濡れている

長靴に履き替え散策

しとしと降るくらいの雨は絵になると思いながら被写体をさがす

その折に撮影したものをアップしておきます


コウホネの花(根茎が骨のように太くまっすぐに伸びているせいか河骨の名の由来が
あるようです) やや真上から撮ったものです
e0304485_2252411.jpg

e0304485_22581025.jpg
e0304485_22591294.jpg
e0304485_230236.jpg

[PR]
# by kujimata | 2013-06-04 23:01 | Comments(0)

松浜軒をぶらり

朝から雨

午前十時ごろ、雨の様子を撮ろうと思い
宇土の轟水源に行ってみました

ショウブの花と雨を撮ろうと思いましたが、まだ十分には開花せず

数枚とって八代の松浜軒に向かいました
 
  松浜軒入口の説明板に次のことが書いてありました
「元禄元年(1688年)八代城主三代松井直之公が御茶屋として建立
当初は八代海を見渡す浜辺に位置し、松風も聞かれた事から邸名の由来」
とあった。なるほどそうなのかと感心しながら邸内に入った

傘を差しながら三脚を立てカメラをセットするのは大変だった

レンズと本体はタオルで包みながら撮影

フィルターが雨で濡れるので時々拭きながらシャッターを押していく

撮り終えたころにはタオルも相当ぬれてしまっていた

e0304485_1437219.jpg
e0304485_14392388.jpg
e0304485_14401459.jpg

[PR]
# by kujimata | 2013-06-04 14:41 | Comments(0)

美里の棚田

美里町の洞岳の棚田は広々として眺めがよい

ただ農家の人は畔がカーブしており、農機具を使っても

田植えは大変だろうと思います

田植えだけでなく、水、除草、動物からの被害防止など普段の維持管理は

相当なものだと思います

手のかかった場所を撮影するときは少しでも相手の立場のことを考えて

写しこむことが大事な気がします

e0304485_20363615.jpg
e0304485_20374268.jpg
e0304485_2049518.jpg

[PR]
# by kujimata | 2013-05-28 20:51 | Comments(0)

山鹿の一ツ目水源の蛍

一つ目水源に初めて行ってみました

夜の8時頃が蛍が出てくるとのことだったので

1時間前くらいに着いて水源の様子を見て回りました

蛍撮影はむずかしいけれど練習と思い撮影してみました

7時半ごろになると家族連れの人たちがたくさん来はじめ

8時半ごろには相当の人数でした

私の家は田舎の農家でしたので寝るときは縁側の戸は開け

蚊帳の中で寝たものです

その蚊帳に蛍が飛んできてボワーッ光るのです

エアコンもない、テレビもない貧しい時代でしたが風情がありました

e0304485_17464140.jpg
e0304485_17475428.jpg
e0304485_17481959.jpg

[PR]
# by kujimata | 2013-05-27 17:48 | Comments(0)