風景写真アラカルト

kuji7.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

主体的に撮る

以前、購入していた本を開いて読み始めた。
ついつい引き込まれ2日間かけて読み終えた。
それは『考える力 やり抜く力 私の方法』中村修二著(三笠書房)である。
青色発光ダイオード開発の過程が克明に記されている。
その中で開発のために実験装置を市販のものを購入せず、自分で装置そのものを作り上げて実験したところに糸口が見つかったと述べておられる。その装置も改良に改良を重ね工夫されてきた努力が文面からひしひしと伝わってきて読みふけってしまいました。
 中村氏の深みのある生き方というかどっしりとした重みのある研究心というか
そんな感じがしたものです。
 写真も深みのある落ち着いた内容のものが1年に1枚でも撮れたらいいのですが
簡単にはいきません。だが、一歩でも近づく努力は可能だと信じています。


e0304485_21371863.jpg



e0304485_21375585.jpg


e0304485_2138299.jpg


e0304485_2139819.jpg


e0304485_21395237.jpg

[PR]
by kujimata | 2015-04-29 21:41 | Comments(0)

小さな旅

 あせらず 気張らず ゆったりと自然を自然のままに
受け入れ 撮影していくことは実に心が安らぐものである
 自分の考えで 自分なりにイメージした風景を求めて
小さな旅を続けていけば 心が満たされるものである


e0304485_23502570.jpg


e0304485_23513737.jpg




e0304485_23533892.jpg


e0304485_23543299.jpg
e0304485_054789.jpg

[PR]
by kujimata | 2015-04-23 00:07 | Comments(0)

野草

普段なら除草される野草です。
こんな所は花もないし、誰も来ません。
それでも精一杯伸びています。
そして生き生きとしています。
渡辺和子著「置かれた場所で咲きなさい」(幻冬舎発行)のとおりだなぁ~と思いながら
撮りました。
野草であっても体力の落ちた私にはうらやましいくらいの青葉です。


e0304485_21171222.jpg
e0304485_21174590.jpg
e0304485_21183741.jpg
e0304485_2119941.jpg

[PR]
by kujimata | 2015-04-21 21:20 | Comments(0)

自然のフラクタル

 咲いているかな?と思い前原の一本桜に向かいました。
残念ながらほとんど散っていました。
しかし、せっかく来たので撮影しました。そのときに気付いたのですが
枝の張り方がきれいだなあと思い何枚も撮りました。
樹形が整っている方が、すべてではありませんが絵になる点が
多い気がします。典型的な樹形はケヤキだと思います。
 講談社発行の『自然にひそむ数学』佐藤修一著を読み、
「なるほど自然は数学を知っている」と感動しながら
繰り返し読みました。
風景写真を趣味にしていて、このような新しいことに
気付かされ、自然を改めて見直すことができました。




e0304485_2350268.jpg
e0304485_23504217.jpg
e0304485_2351210.jpg
e0304485_23511843.jpg
e0304485_23513120.jpg

[PR]
by kujimata | 2015-04-19 23:54 | Comments(0)

過ぎ行く春

あれだけ賑わっていた花の宴もなく
静かなしずかな八景水谷公園の葉桜の体(てい)となった
芭蕉の「奥の細道」の冒頭の句に
「行く春や鳥啼き魚の目は涙」とあります
過ぎ行く春のわびしさでしょうか。

水面を埋め尽くして過ぎ行く春の風情があります
e0304485_15282877.jpg


サギも花筏を見守っています
e0304485_1529274.jpg


小さな小さな堰を下っていきます
e0304485_1530448.jpg


花びらの舞を感じます
e0304485_15305120.jpg

[PR]
by kujimata | 2015-04-13 15:40 | Comments(0)

立田山の春第2段

3,4日前まで咲いていたのに強風と雨であっという間に散ってしまいました。
毎年咲いては散り、葉を伸ばし春材をつくりだす
秋には葉を落とし、木質を引き締め秋材をつくり出す こうして年輪を刻みこみ
どっしりとした古木になっていく。
立田山のしだれ桜も4月7日には葉桜に変わりました。
今年は3回ほどここの撮影に来ました。

e0304485_2245215.jpg


e0304485_22462565.jpg


e0304485_22501492.jpg


e0304485_22513028.jpg

[PR]
by kujimata | 2015-04-06 23:06 | Comments(0)

立田山の春第1段

 今年も立田山を歩いてみました。
膝をかばいながら一歩一歩ゆっくりと歩きました。イロハカエデの葉は実に柔らかい緑の色合いで一段と輝いています。スミレも土手のところに咲きほこっています。自然の中に浸れる喜びを感じながら、自分の好きなように撮ってみました。



その時々に咲く花は心を和ませ、感動を与えてくれます。そして黙って散っていきます。
その散った花たちも光を浴びて輝いています。
e0304485_23154977.jpg



ここは人の声も車の音も聞こえません。シーンとした中を歩いているとハラハラと花びらが散ってきます。
e0304485_2317129.jpg



静かに佇むイチリンソウ。遠くで鶯の声が聞こえました。
e0304485_23193470.jpg



林の下でひっそりと白いブラシ状の花を咲かせています。コンコンと音がするので、その方向に近づくと枯れた高木に穴をあけています。そうです。コゲラが突いているのです。
静寂なだけにコンコンが鳴り響きます。
このような場所で花の名前のとおり、「ヒトリシズカ」に撮影しました。
e0304485_23224444.jpg

[PR]
by kujimata | 2015-04-02 23:47 | Comments(0)