風景写真アラカルト

kuji7.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

素晴らしい光景を作り出す要素として 雲の役割は非常に大きい。
雲間からさす太陽光線は光芒となり、田畑や川から蒸発した微細な水滴は雲をつくり一帯を覆い尽くす
そこに朝陽が差し込めば、光を反射して赤味がかった色合いになることもある
雲は風景にプラスαをもたらしてくれる 
e0304485_23173251.jpg
e0304485_23183786.jpg
e0304485_23193082.jpg

すべて2007年11月に撮影したものです
[PR]
by kujimata | 2013-01-27 23:22 | Comments(0)

冬の趣2(第2段)

テレビのニュースを見ていたら阿蘇地方は雪日でした。今日は撮影に行けなかったけど、また近いうちに雪景色を撮りに行こうと思っています。
最近の冬景色第2段をUPします。
e0304485_22554883.jpg
e0304485_22574590.jpg
e0304485_2303826.jpg
e0304485_2324282.jpg
牧ノ戸峠やグリーンロード、阿蘇の西湯浦などに出かけます。ただ、道路は凍結しています。チェーンは必携です。
[PR]
by kujimata | 2013-01-26 23:10 | Comments(0)

音楽を聴きながら

遠方まで撮影に出かける時もある。高速道で片道1時間半、一般道路で1~2時間。運転だけでも相当費やす。こんな時は必ずと言ってよいほど音楽を聴きながら運転していく。
学生時代、NHKのFM放送「JET STREAM」のタイトルで軽音楽が流されていた。間借りの部屋でよく聴いていた。その時の曲をかけながらハンドルを握る。時間がゆったりと流れ、音がしみ込んでくる。
♪恋はみずいろ ♪枯葉 ♪イン・シャラー ♪茶色の小瓶 ♪真珠の首飾り ♪波路はるかに 等々
何度聴いても飽きないし、疲れもとれる。40数年前に聴いた曲なのに・・・・・・・・
宇土の住吉港や河内の塩谷港そして玉名の白石堰でのシラサギを撮影
e0304485_2235209.jpg
e0304485_22362445.jpg
e0304485_22371230.jpg
e0304485_22415492.jpg

[PR]
by kujimata | 2013-01-22 22:43 | Comments(0)

湧水地の朝夕

冷え込んだ朝の池や川は靄が立ち込みやすい。 そこに日が差し込むと靄が暖められて小さな しかも目で確かめられる渦が一瞬できる。八景水谷水源地(熊本市)の朝のひと時である。
そんな中に鴨が泳いだり、飛び立ったりしている。 
一羽が右へ泳ぎ出すと後も右へ続く。一羽が飛び出すと後も一斉に飛び出す。群れを成しての行動である。
ただ、ほとんど一緒に行動しないでじっとしている鴨もいる。生態について詳細は知らないが、元気で水辺の生活をしてもらいたい。
e0304485_237490.jpg
e0304485_2375846.jpg
e0304485_239542.jpg
e0304485_2352271.jpg

[PR]
by kujimata | 2013-01-20 23:11 | Comments(0)

水への想い

そよ風が吹けば さざ波になり 強風が吹けば しぶきをあげる。  無風のときは鏡になり 光があたればきらめく。方円に従う水の動きは見ていて飽きないものである 
冬の山吹水源(産山)に行ったことがる 道は凍っていてスタッドレスタイヤでも不安であった。 水源に着いたとき倒木の木々につららができ その下を湧水がきらきらと輝いていた。よい写真ではないが 自分自身が感動したものを撮るといった感じである。 
e0304485_2392334.jpg
e0304485_23112571.jpg
e0304485_23121358.jpg

この写真は山吹水源から帰る途中で写したものです
e0304485_23125682.jpg

シャボン玉を大きく作るとレンズの働きや色収差のことが目で見て分かります。そんなことよりシャボン玉にいろいろなものを反射させて撮るとおもしろいものができます。
[PR]
by kujimata | 2013-01-19 23:35 | Comments(0)

海の夕べ

海をみて一番思い出すのは中学校時代の水泳である。学校にプールは無く、水泳の時間は満潮であれば海で自由に泳ぐのである。干潮であれば貝堀りであった。今では考えられないことであるが、楽しい時間であった。あれから半世紀以上経っているが、太陽の輝きは今も変わらない。空気の層によって黄、オレンジそして波長の長い赤など刻々と変化しながら沈んでいく。
e0304485_2371282.jpg
e0304485_2375568.jpg
e0304485_2383321.jpg
e0304485_2391376.jpg

[PR]
by kujimata | 2013-01-17 23:10 | Comments(0)

故郷の桜

小中高と過ごした故郷の駅を写しに行った。当時はSLが走っていて、高校時代は、この田舎の駅から通学したものである。あの石炭の匂いは今も忘れない。行って驚いたことに駅の線路沿いに桜が植えてあり、無人駅になっていた。ホームに佇むと小学生の頃、この周辺で遊んだ友だちのことを思い出す。
風景写真を撮りにあちこちに出かけるけど、写し撮る根底には小中時代の故郷での生活が潜んでいる気がする。
e0304485_0421917.jpg
e0304485_0431956.jpg
これは隣町の山桜です
e0304485_0445744.jpg
2010年3月30日撮影
[PR]
by kujimata | 2013-01-14 00:48 | Comments(0)

滝の調べ

日田から車で30分ぐらいのところにある慈恩の滝、宮崎県の五ヶ瀬の滝、小国の鍋ヶ滝など紹介します。上手には撮れませんでしたが、絞りとシャッタスピードを変えて試みました。
e0304485_0571315.jpg
e0304485_058146.jpg
e0304485_124494.jpg
e0304485_13228.jpg

[PR]
by kujimata | 2013-01-12 01:06 | Comments(1)

水辺の鳥たち

夜明け前に江津湖に行ってみた。あたりは薄暗く、漕艇部の学生らしき2人が準備体操している。しばらくすると向こうから灯りがちらちら動く。懐中電灯をもった人のウォーキング姿である。私も懐中電灯を持って撮影場所をさがす。夜明け前、夜明け寸前、夜明け後の変化を撮影した。
e0304485_22462239.jpg
e0304485_22523585.jpg
e0304485_22585819.jpg
e0304485_2301270.jpg

[PR]
by kujimata | 2013-01-11 23:01 | Comments(2)

氷のキャンバス

阿蘇の西湯浦の谷川で撮影。1時間も凍った川の中に居たので足は痛くなった。痛いというより感覚がなくった。深いところに落ちないように、滑らないようにと踏ん張って写すので、筋肉はカチカチになる。疲れてしまったが、撮り終えたときはホッとする
e0304485_0122061.jpg
e0304485_0133194.jpg
e0304485_010444.jpg

[PR]
by kujimata | 2013-01-09 00:16 | Comments(0)